宮古島の魅力とは

周辺離島との間に架かる橋を渡れる

宮古島は県内の他の島にはない様々な魅力があるのでご紹介します。宮古島とそのすぐそばに位置する離島の間には橋がかかっており、車やバスだけでなく自転車・歩きで渡る事ができます。ちなみに、約3km西に位置する島との間に架かる2015年1月完成の橋は、なんと全長が約3.5kmあります。そして、その橋を渡っている間は360度・エメラルドブルーの海に囲まれた状態を味わい続けられるのが大きな魅力です。なお、橋の中央部の駐車スペースに車を停めてSNS映えする写真・映像を撮影する観光客や、女性に愛の告白やプロポーズをする男性が増えています。その他、歩きや自転車で橋を渡る時にあらかじめ食べ物・飲み物を用意すれば、途中で休憩して見事な景色の中で軽食を摂る事も可能です。

都市開発が進んでいて利便性が高い

県内に100以上存在する離島の大半は開発があまり行われておらず、そんなに利便性が高いとは言えません。一方、この島は本島の南部エリア同様に都市開発が急速に進んでおり、年を追うごとに利便性が高くなってきています。例えば空港の西側に広がる市街地エリアには全国展開している様々な分野のチェーン店が出店しており、例えば普段食べているファストフード店の味をこの島でも味わえます。また、離島の中にはスーパーマーケット・コンビニエンスストアがあまり出店していないケースが多いです。しかし、この島の市街地には夜遅くまで営業している品揃え豊富なスーパーが多数あります。さらに、24時間営業のコンビニも点在しており、買い物に困る事がありません。さらに、地元料理を食べられる店の数も多いため、滞在中に様々なタイプの店を渡り歩けるのも魅力と言えます。

西表島のツアーは、日本最大のマングローブ林を観察出来るクルーズ船に乗る事が可能です。マングローブ近くまで船が寄っていくので、普段味わう事の無い貴重な時間を過ごせるでしょう。